★地域活動支援センター  (精神障がい者地域作業所型)

主に在宅の精神障がい者が通所して、地域において自立した日常生活および

社会生活を営むことができるよう、創作的な活動や生産的な活動などの機会の提供と社会との交流の促進等を図るためのサービスを受けることができます。

 

ろばと野草の会は、横浜市中区で はだしの邑 と ろばの家 の2か所の

地域活動支援センター (精神障がい者地域作業所型)を運営しています。

 

ポレポレまつり

【対象者】

 主に在宅の精神障がい者

【窓 口】

 各区福祉保健センター

 

 

★就労継続支援B型事業所

通所により、就労や生産活動の機会を提供(雇用契約は締結しない)

するとともに、一般就労に必要な知識と能力が高まった方は、

一般就労等への移行に向け支援を実施します。

 

ろばと野草の会は、横浜市中区で就労継続支援B型事業所 百合の樹 を

運営しています。

 

【対象者】

 ➀ 就労の経験後、年齢や体力的問題から就労の継続が困難になった

     障がい者 

 ② 就労移行支援を利用後、一般就労や就労継続支援A型の利用に

     結びつかなかった障がい者 

 ③ ➀②以外で、50歳を超えている障がい者または障害基礎年金1級

     受給者等 

 

百合の樹製品イメージ

【窓 口】

 各区福祉保健センター

 

 

 

 

★精神障がい者グループホーム

GH見晴イメージ

横浜市では、1990年から市の財政的援助を受け、

精神障がいをもつ人たちのグループホームが

制度化されました。

 

「地域で普通に暮らす住まいを!」が目標でした。

「地域で」「普通に」「暮らす」この3つともが、簡単なようでいてとても難しいものです。

 

そして一番大切なのが、グループホームは「住まい」であって「施設」

ではないということです。

 

私たちは、グループホームに住む一人ひとりが「自分自身で、ともに」

それぞれの生活をつくれる場でありたいと思います。

 

ろばと野草の会は、横浜市中区で ベイサイド西之谷 と GH見晴 、

横浜市南区で こもれび の計3カ所のグループホームを運営しています。

★べてるの家のビデオを見る会

べてるの家のビデオを見る会イメージ

毎月第二火曜日、横浜市不老町地域ケアプラザで

北海道 浦河べてるの家 のビデオを視聴し、

みんなで語り合う当事者研究会です。

活動を始めて今年で15年目の実績ある集まりです。

 

★ろば喫茶  (休止中)

ろば喫茶イメージ

毎月最終土曜日の正午から、地域活動支援センター

ろばの家で喫茶店を開店しています。

 

調理とウェイターは、当事者の皆さんとボランティアの皆さんが担当しています。

 

 

 ★MENU★

・コーヒー      50円

 (ホット・アイス) 

・トーストセット 200円

 (コーヒー&ゆで卵またはバナナ付)   

 

★電話相談 きらく電話

きらく電話イメージ

ちょっと寂しいとき、

ちょっとおしゃべりしたいとき、

ちょっとムカッとしたとき、

人間関係に悩んだとき・・・

 

誰かに相談してみたいな? と思ったとき・・・

            そんなとき、きらく電話 に電話してみてください。

            毎週日曜、経験豊かなボランティアがお受けします。

★季節の行事

ろばと野草の会新年会

新年会・お花見会など、当事者の皆さんが企画

運営し開催しています。

それぞれの事業所で作ったご馳走を持ち寄って

歓談をしたりゲームをしたり・・・ 

思い出に残る楽しい時を過ごしています。

 

★たのしい会  (休会中)

たのしい会イメージ

当事者の皆さん主催の、お茶を飲みながら当事者の皆さん同士で語り合う集まりです。

 

 

 

 

★会報 ろばと野草

ろばと野草の会会報

精神保健福祉および当会の活動に関する情報

提供のために年4回発行しています。

編集は、当事者、ボランティア、職員で構成

される編集委員会で行われています。

初刊発行は1996年、今年で刊行21年目を迎えます。毎部500人以上の皆様にご購読いただいています。

★イベントの開催

2014年勉強会「オープンダイアログとべてるの家」
      映画会&講演会 

地域交流や精神保健福祉の普及啓発のため、

講演会、映画上映会、コンサートなどを開催しています。

 

 

 

 

★当事者研究

ろばと野草の会当事者研究

中区地域生活支援センターとの共催で、毎月第二火曜日の19時から開催しています。

お薬の飲み方やお金の使い方、食事や体重などの「苦労」を聴くとともに、同じような苦労をもっているみんなと一緒に「自分の助け方」が見つかることが目標です。

また「障がい者」本人の当事者研究だけではなく、「職員」が抱えている苦労のテーマについても、「利用者」「職員」の区別なく「自分自身で、ともに」研究する場になっています。

★共同墓地

ろばと野草の会追悼式
      追悼式

横浜市青葉区の当会指定の共同墓地において、毎年追悼式を執り行っています。

埋葬を希望する会員は宗派を問わず、当会所定の手続きにより利用することができます。 

 

★研修会の開催

ろばと野草の会研修会
      宿泊研修会

精神保健福祉の知識を習得したり、当会の理念や目的を再認識するために開催しています。